『出会って5秒でバトル』が面白かったので感想を書く

manga

マンガワンで連載されている『出会って5秒でバトル』が面白かったので感想を書きます。

若干のネタバレあり。

出会って5秒でバトルの基本情報

ストーリーとしては、とある組織に拉致された人間たちが「能力」を1つ与えられ、その能力を駆使していくつかのゲームをこなしていくというもの。

ゲームとは、1 on 1 だったりチーム戦だったりの能力バトルのこと。

能力は身体能力5倍、2秒間無敵、瞬間移動などなど。

作中では、面白いように人が死んでいきます。

頭脳戦が面白い

主人公の白柳啓はオンラインの討論ゲームで世界ランク9位の実力者であり、学校の成績も常にトップという秀才。

そんな白柳啓に与えられた能力は「相手があなたの能力だと思った能力」。

例えば、相手が「白柳啓の能力は瞬間移動だ。」と思えば、白柳啓は瞬間移動能力を使うことができるようになるというもの。

どうやって相手を倒せる能力を相手に想像させるか、相手とは誰を指すのか、戦術と読みが気持ち良いくらい賢い作品です。

「実はここまで読んでいたのさ(ドヤ)」が豊富なので、よくある頭脳戦作品が好きな人には非常におすすめできます。

個人的に一番ポイントが高かったのは、自分の能力を理解するために試行錯誤するシーンがあり、とても丁寧に書かれていたことです。

このパターンは能力が使える、このパターンは能力が使えないと実験する様子は少しリアルな側面も見られて魅力的です。

5秒どこから出会った瞬間バトル

最初の内はちゃんと5カウントでバトルが始まっていましたが、最近はもはや出会った瞬間からバトルが始まっています。

個人的にはタイトルと内容が徐々に一致していかなくなることは問題ないので、「5秒要素どこいった?」と気にならない人はとても楽しめる漫画じゃないかなと思います。


参考:https://urasunday.com/title/66

コメント

タイトルとURLをコピーしました